投資で失敗して後悔している人の相談を17年受けてきた前川です。

私の強味は、相談を受けた方と「何かあったら相談できる」関係を長く続けてきたことです。

現在、私のクライアントの多くは、リーマンショック前の2005、2006年の時や、ユーロショック最中の2011年、2012年の時からのお付き合いです。

そのため長くお付き合いをさせて頂いた経緯から、ご自身や家族等のプライベートな相談を受けるようになり、「前川さんには、一から説明することもなくて助かる」と喜ばれています。

一般的に、金融機関担当者の評判はよくありません。

「最初の担当者は熱心だったけど、今度の担当者は売りたいものができたときにしかこない」

「今回の担当者は、プロとして頼りない。勉強していない」

「引き継ぎが全くできていない。いちいち説明しなくちゃならない」・・・・・

金融機関担当者に満足している投資家の声は、私も長くやっていますが、ほんと、稀にしか聞いたことがありません。

私のクライアントのほとんどは、金融機関に不信を持ち、相談に来られたのがきっかけでした。