一昨日の韓国戦といい、昨日の台湾戦といい、思わず肩に力がはいり、「よし」とテレビに声をかけてしまうぐらい、星野ジャパン戦士の戦いぶりに感動しました。
 宮本選手。裏方に徹し、選手を支え、チームを支え。初めての出番が代走。その代走の走りで、チームの停滞しそうなムードを熱狂に変える。日頃の丁寧な仕事の積み重ねがないと、こんな大一番で淡々とこなせない職人技。選手一人一人の目が違いました。この選手にこんな熱い面があったのかと、感じさせる場面が随所に見られました。
 やはり星野監督の存在は大きいのですね。「チームの一体化」というお題目は何度も聞きましたが、まさに一体化していました。いい試合を見せてくれました。
 星野ジャパンの目標は「夢の実現」。夢を語り、それに向かう一途な思いと行動は回りを引きつけます。自然に「応援したい」と思います。
 興ざめの、白けきった日本の政治の両極を見た気がします。星野ジャパン戦士の働きぶりを見て、何かを感じ取っていただきたいと思います。
 いい訳にはなりませんが私も「仕事休み」になってしまいましたが、本日から今年最後の投資機会の準備を始めたいと思います。