いよいよ、再び日経平均株価は15000円の攻防になりました。個人的には、円高に振れ日本株が連れ安する展開を想定したのですが、米ドルしっかり、ユーロ・ポンド安となり、見かけ上は日本株式の株価だけがいいところなく下げている状況が続いています。
 これで、更に米ドルまで弱くなれば、円独歩高、日本株式は更に値を下げるという展開も予想されます。ここで日本株式の行方を見たくもない人と注目する人に分かれるでしょう。
日本株が買われる材料は「株価が下がって、以前よりも安くなっている」ぐらいです。買わない理由の方がまともに聞こえるでしょう。
 ここは人のせいにして、「自分は慎重だったんだけど・・・」と、数少ないでしょうが、日本株に対して興味を持っていた人は少しチャレンジしてもよいのではないでしょうか。自分がこれまで買いたいと狙っていた企業を狙っていた株価で。