今話題のニュースは村上ファンド。「モノ言う株主」として経営者に注文をつけていく姿に、素直に応援できない自分がいました。株価が安いときから株を集め、大株主になってから「あなた方は資源を無駄遣いしている」と経営者にガンガンと要求を突きつけるという派手なパフォーマンスは一つのやり方としてOKだと思います。しかしその後、村上ファンドに期待して、応援する投資家の買いを誘い、それに防戦するために自社株を囲い込もうとする会社側の動きが相まって、株価の値上がりに拍車をかけて、高値で自分はしっかり売り逃げようとする意図が見え見えで、下品に感じていました。
 確かに株価は彼の行動により上がりましたが、会社の企業価値を高めたわけではないからです。この行為は、ただ単に株価を上げ、大量に売り抜くための「風説の流布」、「株価操縦」と言われても仕方ないのではないでしょうか。本当に企業価値を上げたいと願うなら、会社のその後の努力まで追求していくのが責任だと思います。「私を信頼して資金を預けてくれた投資家のために、ただ株価が上がればいいんです。経営には興味ありません。だけど、あなた方のアピールが下手だから株価が安いんです」というのであれば、それもひとつの考え方として理解できたのですが。