久々の大幅高になっています。日本株。割安だと思いながらも投資した銘柄がなかなか上がらず、良いとこなしでだらだら下がる日が続くと気も滅入ります。このまま上昇トレンドを描くような、投資した人が報われる相場にすぐ転換するとは思えませんが、やはり気持ちはウキウキします。
 今朝テレビで個人投資家の85%の方が「相場が不透明で、買う気にならない」と様子を見ているという調査結果がありました。日経平均株価の水準で見れば、さほど上がっていないと思うでしょうが、個別の銘柄を見ると、下がるときは一瞬でさほど大きく下げず、上がるときは勢いよく上がり、同じ日経平均株価の水準に戻っただけなのに、前の株価よりも水準を高くしている銘柄が出始めているように思えます。
 今は日経平均株価の値動きプラス、自分の気になっている個別銘柄の株価にも注目してください。玉石混淆で売られた日本株の中から玉を探すとき。今は市場平均に連動するインデックス運用よりも、個別銘柄投資の方が分がありそうです。
 あなたの持っている銘柄は玉ですか?あなたが注目している銘柄は玉ですか?証券化商品の全てが紙くずになるわけではありません。さすがは投資の神様バフェット氏。相場の中で玉だけをあさり、しかも人の尊敬を受ける。汚れた玉に磨きをかけて輝きを取り戻すのを人に任せるか。自分でもチャレンジするのか。