いよいよ日経ダウは15000円を割り込みました。個別に株価を見ると、買い頃の水準になってきたものも出始めています。しかし相場は行き過ぎるもの。「何故そんな株価になっても売るんだあ??」と叫んでも、売りたくなった気持ちは理屈で止めることはできません。手放すまで正気にはなれないし、売るためのもっともらしい大義名分は必ずあとからついてくるものです。
 株価12000円から17000円まで上昇させたエンジンは外人の「買い」でした。現在はこの外人の「売り」が下げを誘導しています。これだけ世界同時株安になっているわけですから、いったん海外で投資したものを優先的に売却して現金化し、次の対応に備えようと考えるのが道理です。したがって、売ると決めた割合を売り切るまで、外人の機械的な売りは続くと考えた方がいいでしょう。
 明日のSQを境に株価の下げも止まるだろうと期待して、売るのを我慢している人も多いでしょうから、本当の勝負は来週以降。ここで更に売られるようであれば、もう一段の下げもあり得るでしょう。
 ここで大事なことは、株価はまだ下がるかも知れないという状況を受け止めて、下げたら自分はどう対応しようかを決めておくことです。対応は、「売る」「様子を見る」「買う」の3つしかありません。株価は上がったり、下がったりするもの。「下げたら困る」と思う人は、株式投資とのこれまでのつきあい方を見直す必要があるかもしれません。