小泉元総理の「麻生総理の顔では選挙で戦えない」と言わんばかりの痛烈批判が、早期解散への転機になればと願っています。
 麻生政権・政府与党はできるだけ政権を引っ張り、どうしようもない状態で民主党に引き継ぎ、その後「失策を責めあげて早期の政権奪取」を画策しているとしか思えない往生際の悪さです。
 民主党がどれほどのことをやってくれるかは未知数ですが、とりあえず国民に信を問い、信任を受けた政権に託したい、託さざるを得ない、緊急事態です。重症患者でなかったはずの日本が、見る見ると様態が悪くなっています。
 人の頑張る気持ちを呼び起こすには期待という灯りが必要です。「何かが変わるかもしれない」「変わりそう」という気持ちが、待っていれば、現在の延長上に見えてくるのでしょうか。
 早期解散はすぐさま日本の買い材料として評価されるかはわかりませんが、早期解散が日本の売り材料になるとは思えません。日本に変化を期待しているのは日本人だけではありません。