ある宗教家の言葉に、「かんしゃくも くの字を捨てれば 感謝になる」があります。不愉快なことがあっても、ユーモアで楽しんで、感謝までしてしまう。ものは考えようで、良くも悪くも受け止めることになります。
「×(バツ)の字も 良く見りゃ+(プラス)に 見えませんか」。これも良いですねえ。逆に+を見ても、×に見えたりすることもありますね。
 「最近、ブログの更新が滞りがちですね」と連絡をいただきました。ありがたいことです。
「ブログの更新がないということは見方に変わりがないということですよね」。これまたありがたいことです。その通りです。
 このブログも2006年4月から、おかげさまで4年目に入りました。見ていただいている皆さんに励まされ、ここまでやってこれたことに感謝しています。私は文章を書くことに苦手意識がありましたが、このブログを続けているうちに「書くこと」を楽しめるようになったと思います。
1961年から演じ続けた舞台「放浪記」で上演2000回を達成しました森光子さんの好きな言葉は「明日は明日の風が吹く」らしいです。
「ここでひとつ乗り越えりゃ もうひとつうまくいくかも」と思えるそうです。
 タクシーのメーターのように、どんな乗り方をしても人生のメーターは確実に上がっていくわけですから、昨日までのことを引きずって後ろ向きに過ごしたくないですね。
みなさんはどんな風に今後を考えていらっしゃるのでしょうか。
私は「ケーセラーセラー♪ なるようになる〜♪♪」です。
 相場は、GMのヤマを越えて、どんなムードになるのか。
「もうひとつうまくいくかも」となるのか。いずれにしても、「なるようになる」ものですから、そう深刻に考えることはないと私は考えています。