投資で失敗して後悔している方の相談を17年間受けてきました。

投資のベテランで、独学と経験であれもこれもとチャレンジしてきた方に多い相談です。

自分では何とかやってこられたけど、自分に万一があった時にこれを残されていたら、残された家族に余計な面倒をかけるかも・・・

空室が目立ってきたアパート・マンション経営

 家族には全く関心のない株式投資

 カタカナいっぱいの名称で内容がわからない金融商品

本当は現金化して分けやすい形にしておくべきなのはわかっているけど・・・

損をしているから・・・  もっと高いところで売れるかも・・・  などと躊躇している方

そんな時に私の出番が来ます。

持っていてストレスになるものは売る  放っておいて良いものは忘れる  リスクを取り過ぎて重荷になっているならリスクの量を減らす

「これは売る」「これは残す」をズバッと分けて、残しても家族に喜ばれるものを一緒に考えます。

1人では「決心がつかず」、「思い切れず」はある意味仕方ないところ。その悩んですくんでしまっている背中を押します。

「あんなに悩んでいたのは何だったのか」  手放してみれば、案外ケロッと楽な気持ちになれるものです。