大きく上昇しない相場だからまだ安心!!

ご相談予約

 今後の相場の上下の綱引きは依然株高・円安に賭けた人のほうが有利だと考えています。
 相場はジリジリと株高・円安となり、「なぜ株は下がらない」「なぜドルは急落しない」と常識人の焦りが高まってきている気配です。相場の分水嶺。流れ方向が変わるときは、人々の感覚も相場の位置も、「ヒョッエー」と大きく変わる兆しがあります。「もうあかん、見誤ったー!!」と上に行くか、下に行くか。私は現在の位置が天井だとは考えていないので、これまでの株高・円安の局面で、こうした分水嶺を感じさせる局面はありませんでした。
 そして「上へ」または「下へ」という大きな変化は、おそらく大きく上に抜けた後でないと下への大きな動きにはならないと想定しています。これは私のシナリオですから、適当に聞いておいてください。だから、「大きく上昇しない相場のうちは安心だ」と考えている次第です。
 しかし、相場は時として「本当かよお」と思う話が駆け巡ります。
「米国は政策金利を上げようと画策している」
日米長期金利の上昇は個人的にはいいところまで来ていると思います。もう少し上昇してくれないかなあと望んではいますが・・・。米国の長期金利が上昇したら困るという投資家よりも、もう少し上昇して魅力的な金利水準で投資する機会を与えてほしいという投資家のほうが多いのではないでしょうか。
 一時は高格付社債利回りが極端に高くなり、国債利回りと比べて非常に割安で放置されていましたが、ここ最近ではかなり割安感は修正されてきました。金利が高かったものが低くなってくると、高かった金利が妙に恋しくなり、高止まりしている金利のものをあさる人が増えてきます。
したがって私の場合は、今後は金利が上昇していくリスクよりも低下していくリスクのほうが可能性が高いと考えています。

タイトルとURLをコピーしました