株価

今月の視点

今月の視点 2024年2月

結局わからない新NISAへの取り組み方 ●新NISAは2つに分けて検討する  「新NISAは年間の投資上限額が最大360万円に拡大されて長期的な資産形成に適した制度。活用しないのは損です」と聞いて、金融機関の窓口を訪ねたり、インターネットで...
ブログ

2024年1月18日 生活設計塾クルーセミナーの案内

2024年1月18日生活設計塾クルーセミナーの告知です 毎年恒例の生活設計塾クルー主催セミナーで私の順番が来ました。 日時:2024年1月18日㈭19時 参加費用 1100円 タイトル 「2024年の投資環境を読む~金利、為替の動きはさらに...
今月の視点

今月の視点 2024年1月

2006年頃の環境を参考に今後を考える 最近米国では、懸念されていた景気後退が深刻なものにはならず、ソフトランディングするとの期待が高まっています。これは米国のインフレ率が鈍化していることや、これまで「インフレを退治するには一時的な景気後退...
今月の視点

今月の視点 2023年12月

日米金利差で円安基調は続くが円高に急変する波乱もあり ●経済指標で一喜一憂する展開 2022年、FRB(米連邦準備制度理事会)がインフレを抑え込むために政策金利を引き上げ始めた3月以降、世界的にゼロ金利の時代から金利がある時代へと変わってき...
今月の視点

今月の視点 2023年11月

5%超えで米国債に投資妙味!いつまで続く? 長期金利の上昇要因に変化が・・ 米10年国債利回りは、金融危機発生前の2007年7月以来となる5%を超える水準まで上昇してきました。さらに、米30年国債もまた5%を超える水準にまで上昇してきたこと...
今月の視点

今月の視点 2023年10月

新NISAで外債に直接投資できないのは残念! ●新NISAの期限なし非課税に感謝 2024年から新NISAが始まります。従来のNISA制度(積立投資しかできない「つみたてNISA」と、株式など比較的幅広く投資が可能な「一般NISA」)に比べ...
今月の視点

今月の視点 2023年9月

中国リスクの高まりを背景に1ドル160円を目指す展開に!! ●1ドル120円台の円高はない 国際経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」が、8月26日に閉幕しました。昨年のジャクソンホール会議でのパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の...
今月の視点

今月の視点 2023年8月

マーケットの虚を突いた日銀のYCC運用の柔軟化 ●前倒しでYCC運用が見直された FRB(米連邦準備制度理事会)は7月26日に政策金利を0.25%引き上げ5.25~5.50%に、ECB(欧州中央銀行)も7月27日に政策金利を0.25%引き上...
今月の視点

今月の視点 2023年7月

想定し準備をして投資チャンスを迎えに行く ●金融引き締めの長期化を前提に 円ドル為替は2023年に入ってから一時1ドル128円程度まで円高に振れた後、再び1ドル143円40銭(6月26日現在)と円安の展開になってきました。円安ドル高の主要因...
今月の視点

今月の視点 2023年6月

今こそ注目~個人向け国債・個人向け社債 米連邦預金保険公社(FDIC)は5月1日、米地銀ファースト・リパブリック・バンク(FRC)が経営破綻して公的管理下に置かれ、米銀最大手JPモルガン・チェースがFRCのすべての預金と資産を買収すると発表...
取材

日経新聞記事「人生100年の羅針盤」外貨投資を考えてみようというタイトルで取材を受けました(2023年5月26日)

本日の日経新聞記事「人生100年の羅針盤」“外貨投資を考えてみよう”というタイトルで取材を受けました。 久々に、日経新聞の大口さんから声をかけてもらいました。 黒田前日銀総裁の時代は、金利をマイナス金利にまで抑え込まれて、「債券投資なんて意...
今月の視点

今月の視点 2023年5月

銀行の破綻懸念、再燃はあり得る ●MMFへの資金流入は今後も続く 3月に欧米の複数の銀行が破綻したことで、米国では金融システム不安が高まる場面がありましたが、当局の迅速な対応で、ひとまず落ち着いてきました。 その一方で、金融不安が高まって以...
今月の視点

2023年5月18日 生活設計塾クルーセミナーの案内

2023年5月18日生活設計塾クルーセミナーの告知です 毎年恒例の生活設計塾クルー主催セミナーで私の順番が来ました。 日時:2023年5月18日㈭19時 参加費用 1000円 タイトル 「ネット上で瞬時にお金が動いてしまう環境での大事な資産...
今月の視点

今月の視点 2023年4月

取り付け騒ぎで欧米4銀行が経営破綻 ●欧米で広がる銀行取り付け騒ぎ 3月は金融システムの不安が欧米で強まりました。銀行が破綻して預金の引き出しが困難になることを恐れて、預金者の取り付け騒ぎが起きているからです。政府や金融当局は、「リーマンシ...
今月の視点

今月の視点 2023年3月

金利は押さえつけてきた反動で緩やかに上昇か 次期日銀総裁候補の植田和男氏は、衆議院が2月24日に行った所信聴取で「異次元金融緩和」を続ける姿勢を強調しました。黒田日銀総裁は異次元緩和で“デフレを脱却し物価2%目標の早期達成”を目指しましたが...
今月の視点

今月の視点 2023年2月

外国債券投資は金利と為替のバランスで考える ●中央銀行が政策金利の引き上げを休止する 2022年の金融市場では、FRB(米連邦準備制度理事会)など世界各国の中央銀行がインフレを抑制するため、それまでほぼゼロで据え置いた政策金利を積極的に引き...
今月の視点

今月の視点 2023年1月

ドル円相場は米インフレと景気後退の綱引き ●日銀の修正で正常化に向かうか 日銀は昨年12月20日の金融政策決定会合で、国債買入れ額を増額しつつ、長期金利の変動許容幅を、従来の±0.25%程度から±0.5%程度に拡大することを決定しました。黒...
今月の視点

今月の視点 2022年12月

超円安でも米ドル社債がお勧めのワケ 金利上昇で価格が下落する債券にとって、2022年は厳しい投資環境でした。3月に米FRB(連邦準備制度理事会)がインフレ抑制に向け利上げを開始して以降、米10年国債利回りは2.1%から4.2%まで上昇し、ド...
今月の視点

今月の視点 2022年11月

高金利のときは債券投資と積立投資に取り組む 米国株式市場では、住宅関連など経済指標の減速に加え、金融システムの機能低下を米連邦準備制度理事会(FRB)が気にし始めたとの見方を背景に、金融引き締め策の転換期待が浮上しています。 8月全米住宅価...
今月の視点

今月の視点 2022年10月

金利上昇の先が見えたら債券投資に妙味あり ●米国の景気後退、利下げは24年に 米連邦準備制度理事会(FRB)は、9月21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%利上げを決定し、短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導...