相場は今後も高くなるけど!!

ご相談予約

相場は今後も高くなると思います。金融機関の窓口で株式型投信の販売額が加速している現象が背景です。投信に流れ込んだお金は、運用プロ(と自称する?)に託したお任せ資金。このお金は運用を託された資金なので、どんなに相場が割高であっても運用しなければならない資金。こんなに高いところを誰が買うのかと不思議に思っている人もいるでしょう。もしかしたらそれを買っているのは、あなたが託した投信なのかもしれないのです。
今朝の日経新聞では
日興の国際分散型投信「ベストナイン」当初設定3500億円、過去2位の規模、団塊世代の資金流入
という記事がありました。
当初設定額のこれまでの最高は、2000年2月のITバブルの絶頂期に設定された「野村日本株戦略ファンド」の7924億円。
投信が多く売れるのは決して悪いことではないのですが、リスクに麻痺した資金が市場に流れている投資環境であることを認識して取り組む必要があると思います。
わたしがもし運用するプロの立場であれば、中長期で期待された運用実績を確保するために、割高な投資環境では、万一の下げに備え、新規に投資家から受け入れる資金を絞り、割安になり始めたら再開します。これが投資家から託された責任に応える普通の行動ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました