今の相場は雪山遭難!!

ご相談予約

 「通貨ユーロ」、「通貨英ポンド」の価値が迷走状態にある中で、ついに新興国通貨の不信にまで広がっています。こうなると、、「割安を買い、割高を売る」という積極的な投資行動は引っ込んでしまい投資を行える状態ではなくなります。最近では「割安だからとりあえず買い」という中長期を見て機械的に買う意欲も減退し、投資する人の数がめっきり減ってしまったようです。しかし、ここまで下がると、「安すぎる、売りたくない」と思っても、強制的に資産を売却し現金を作らなければならない人の売りが売り尽くすまで出てきます。少ない売りですが、それを吸収できる買いもないため気配が下がっていく展開です。
 投資をこれまで、前向きに継続してきた人にとっては、「こんな相場になってしまっては仕方ない」と思いながらも、居た堪れない気持ちになってる方が多いと思います。私もその一人ではありますが。こうした中で、是非今一度、ご自身の資産を眺めてみてください。
?値上がり利益を目的にするもの。そして利息収入を目的にするもの。
 こうした状態では、値上がり利益を目的にしたものに「自立反発」的な戻りは当然これからもありますが、その機会をとらえ冷静に利益確定を繰り返していく取引は普通の人には困難です。したがって、すぐの値上がり利益を期待する目的での投資であれば、底値が確認できた後に開始した方がよいでしょう。ただし、現在の居所に関心を失わないために少額の金額で投資して今後のモノサシにするという意図での追加投資は意味があると思います。いずれにしても、過去「値上がり利益を目的に投資した資産」の評価損を数えるのは止めて、日経平均株価や為替の水準だけを確認するのにとどめた方が良いと思います。評価損を数えることで、何かが変わるわけではありません。しかし、「値上がり利益目的の資産」を保有していることで毎日が不安で仕方ないとなれば話は別です。それは、自分の許容範囲を超えた投資、もしかしたら投機になっているのかもしれません。その場合は、精神を落ち着かせる意味でも投資金額を落とすべきです。こうした「割安だと思って投資しても報われない時期」は少なくても年内は続きそうです。
 一方、ただ保有しているだけで価値が増えていく、インカムゲイン目的の金融商品は、破綻しなければ将来の頼もしい投資可能資金になります。楽しみしていてください。こういう相場になると、投資資産全てが不安なものに見えてしまうので、一度分けて確認してみてください。
?今後為替の安定が政策課題になっています。そういう意味では、現在のような為替水準の乱高下が、今後も長く続くと私は想定していません。しかし、我々日本人にとって外貨資産を持つ意味は「円では不安」という命題がひとつにあるはずです。したがって通貨の選択時には、通貨の安定度合いが円と同等か、もしくは、より安定したものであることが大事な要件になります。したがって、自分の投資している外貨資産は円と比べて今後どうなのかを検証してみましょう。もし円と同等、もしくはそれ以上安定していてしかるべしと思われる通貨であれば、資産価値の回復は時間が解決してくれると期待できると思います。
 今、投資家チームは雪山、大吹雪に遭遇し、食糧も尽きて、途方に暮れ、静かに目を閉じ始める人も出始めています。そして、「眠るな。寝たらダメだあ。もう少しで迎えが来る。助かるんだぞ」と励ます人もいます。あなたはどちらの側でしょう。出来れば、励ます立場でいてほしいと願います。

タイトルとURLをコピーしました