実質、日本株式相場は新年度入り。相変わらず、興味がわかない!!

ご相談予約

 配当取りの権利も落ちて、日本株式相場は実質新年度入りしました。水準としては、割安なものも散見されますが、何分にも買う大義名分が見つからず、短期的なサヤを取ることを目的とするなら別ですが、相変わらず興味のわかない展開が続いています。


 私は、何かのきっかけで日本株式相場が日経平均で13000円台前半まで下押しし、株価上昇期待にトドメをさす事態が来やしないかということを心配しています。そこまで下がると、今度は14000円が厚い壁となり、17000円なんて水準への期待は露となるかもしれません。そこまで下落する可能性は小さいと考えていますが、今は思っても見ないことが起こりそうな気配があるので慎重でいたいと考えています。


 そう考えると、株式投資やリート投資などリスク資産投資の受け皿として債券投資に注目しないわけにはいきません。とりわけ、為替の水準が落ち着いている現在は外国債券投資の準備・検討が有意義な時機だと考えています。


 いつでも買える水準だと思わせる「なぎ状態」の為替相場は、大きく動く前のエネルギーが溜まっているとき。円安になってしまうリスクを感じている人は円安になっても動揺しない程度の準備はしておいたほうがよいと思います。

タイトルとURLをコピーしました